都道府県を変更

敷金・礼金ゼロで、賢く新生活

住み替えには、さまざまな費用がかかります。

初期費用を抑えたいなら、
敷金・礼金0円の物件がおすすめです。

1〜4か月分の敷金・礼金が0円になる

敷金・礼金の慣習は、地域によって異なります。首都圏では、敷金、礼金、それぞれ家賃1〜2か月分が一般的。住み替え時の初期費用の大半を占めることになります。

他にも、引越費用や家具家電代など、新生活の準備にかかるお金はかさむもの。敷金・礼金0円物件なら、初期費用がぐっと抑えられます。

敷金は担保金、礼金は契約のお礼

ちなみに敷金は、家賃の滞納や部屋を汚したり壊したりした場合の修繕費にあてる担保金のこと。契約終了時に、これらを控除した残りの金額が返金されます。

礼金は、契約のお礼として借主に支払うお金のこと。こちらは、返金されません。

必ず家賃相場の比較、特約事項の確認を

初期費用は抑えられますが、家賃滞納リスクに備え、周辺の相場より家賃が高めに設定されている場合もあります。

退去時のハウスクリーニング費を実費負担とする物件も多いので、契約時に必ず特約事項の確認を。
敷金ゼロでクリーニング費が定額になっている物件もあるので、こちらも候補に入れてみては。